男の人と女の人

最先端の技術!セレックシステムやプリント基板の試作を活用しよう

木材

精密さが求められる

製品を作るベースとして用いられる木型は、試作を重ねていきます。設計段階から数ミリ単位で調整をすることが必要なので、CADの図面作成や技術力の高い加工ができる専門業者を選ぶことが一番です。

もっと読む

基板

品質を左右する

電子機器に使われているプリント基板は、電気を効率よく使う為に回路を整理する役割を担うパーツです。製品に活用する際は、目的と形に合わせて選ぶことが大切なので、試作を用いましょう。

もっと読む

最先端の技術を採用

歯

歯医者で人気

セレックシステムの正式名称は「CEramic REConstruction」と書き表します。これは略語になっており、正しくは「CEramic REConstruction」と書き表します。医療先進国のドイツからきました。簡単に言えば、CAD/CAMシステムにて、歯の修復物を設計、制作するもので歯医者で利用される事が多い特殊機器です。

基本的な使い方

セレックに搭載されている最先端の3D光学カメラを使えば、患者のお口の中をスキャンしてそのデータを元にコンピュータ上で設計されます。その後、ミリングマシンと呼ばれる機械で自動的に歯を削り出し製作できるので便利でしょう。基本的な使い方の流れは、下記の通りです。
①患者さんの歯を削った後、3D光学カメラで口腔内を撮影
②コンピュータの3D画面上で修復物を設計し、ミリングマシンが設計データを基に加工
③①②完了後、患者さんの口腔内へセットして治療が完了
ここまででの流れを、実質1時間程で完了させることができるようになっており、業界でもかなり画期的な製品として認知されています。

「虫歯になりにくい」「時間をかけず被せ物ができる」「白い歯が手に入る」など、セレックシステムを使うことでこれらのメリットがあることから現在大変人気があります。また、被せ物で時間がかからないのは良いところでしょう。一時前は、被せ物といっても時間がかかるが殆どでした。ですから、新しいシステムが導入された事により、以前に比べて飛躍的に使いやすいものとなっています。

顕微鏡

ミクロの世界

高性能な電子・光学顕微鏡を使用することにより、肉眼では見えない微生物やウイルスの発見ができます。目的に合わせた販売店を選ぶことにより、機能を最大限活かすことが可能です。

もっと読む